インターネットカジノのハウスエッジ

インターネットカジノで遊ぶ上でまず知っておきたいのが、ゲームのハウスエッジ(控除率)です。
ハウスエッジとは簡単に言ってしまえば、インターネットカジノつまり胴元の取り分のことを指しており、
このハウスエッジがゲームであればあるほど損をする確率が低いということになります。

当然ですが、インターネットカジノは慈善事業ではなくビジネスとして行っているわけですから、
ある程度のハウスエッジは確保されています。つまり、私たちプレイヤーはインターネットカジノで
遊び続ければ続けるほど原則として損をしていくというわけです。

ですが、少しでもハウスエッジの小さいゲームを選ぶことで、
損を最小限にとどめ高額な賞金を狙うことができます。

幸いインターネットカジノのハウスエッジは他のギャンブルに比べると遥かに低く、
プレイヤーが損をしにくいギャンブルとなっています。
インターネットカジノってなんなのかを知らない方は
すぐにこちらのリンクから確認しておきましょう。
インターネットカジノを比較してランキングで紹介します

では、具体的にどのゲームがハウスエッジがより低くなっているのでしょうか?
代表的な低ハウスエッジのゲームは、ブラックジャックであるとされています。
実にブラックジャックのハウスエッジは1%以下であり、99%以上を還元できるのです。
それ故にインターネットカジノでブラックジャックは根強い人気を集めています。

一方、多くのインターネットカジノの看板ゲームであるスロットは
残念ながらインターネットカジノのゲームとしてはややハウスエッジが高めです。
一般的にスロットのハウスエッジは15%ほどとされており、
インターネットカジノのゲーム全体のハウスエッジを大きく上回っているため、
続ければ続けるほど合計としては損をするリスクが高いと言えます。